好きなものを食べつつカロリー制限!

明らかに食べ過ぎが原因で太り気味だった私はレコーディングダイエットに取り組みました。その日に食べたものとカロリーを記録するという簡単なものです。

最初は特に意識をせず素直に記録し、1週間経った頃に平均的な摂取カロリーを確認し、まずは1300〜1500kcal/日に抑えることに決めました。ラクビ

朝&昼、夜がそれぞれ700kcal程度を目安にしていましたが、極端にオーバーしなければ甘いものも菓子パンもOKというゆるゆるカロリー制限でした。

元々食べ過ぎだったので日に日に体重が落ち、1ヶ月でマイナス3kg!運動はたまに駅の階段を使う程度でした(笑)

少し停滞気味になったことと胃が小さくなった気がしてきたことを理由に摂取カロリーを1200〜1300kcalに下げました。

朝&昼で500kcal、夜が700kcal程度を目安にしていました。朝はヨーグルトと果物、昼はおにぎり、夜は普通の食事を気持ち少なめという感じだったのでそれほど苦痛ではなかったです。

朝の食欲がない日はお昼過ぎに甘いものを食べたりなど、上手くメリハリをつけていたのも良かったのかなと思います。

そこからはまた徐々に体重が落ち始め、何より胃が小さくなり以前のような爆食いが減りました。

私の食事制限の一番の特徴は「カロリーさえ超えなければ何を食べても良い」という点だと思います。

糖質制限が流行っていて興味もありましたが、とにかく炭水化物や甘いものが好きなので私には難しかったです(笑)お昼はケーキとブラックコーヒーにしたり、夜ごはんを少なくしてアイスを食べたり、程々に自分を甘やかしながら続けていきました。

外食があったりどうしても我慢できなかったりしてオーバーしてしまった日は、自分を責めるのではなく次の日に切り替えてモチベーションを保ちます。

少し多めに食べた次の日はお通じが良いことが多いのでそれほど神経質にならなくて大丈夫でした!

レコーディングダイエットを始めて3ヶ月で6kg落とすことに成功しました。

これ以上摂取カロリーを減らすのは健康のためにも良くないので1200kcal前後を維持していますが、これが自分な中での適量になったので体重も食費も安定し大満足です。

私は今キャベツダイエットをしています

私は今キャベツダイエットをしています。先月辺りから始めてみようと思って冷蔵庫にあるキャベツを使っています。正直私はキャベツがそこまで好きではないのですが、キャベツはダイエットに良いということを聞いたことがあってこの間その真相を確かめようと思っていたらやっぱり良いということがわかったのでそうしようと思ったのです。

私自身あまり色々なことを長続きするということがあまりないため、きっと今回のキャベツダイエットも続かないだろうなとは思っていたのですが案外やってみたらいい感じで続いているんですよね。私にあっているのかなと思いながら毎日過ごしています。私は正直キャベツダイエットはいいと思っています。その理由はキャベツっていろいろな方法で食べられますよね。

私は最近病みつきキャベツといってよく居酒屋とかに出てくるあの美味しいキャベツのように食べています。もうこれが病みつきなのでとてもいいなと思っているのです。最近はけっこうキャベツが高いので、あまり買わずにストックしてあるものを食べています。

おやつの時間にもキャベツを食べておやつを食べたい衝動を押さえているのです。これがけっこういいので、おすすめですよ。

なぜ?お腹から脂肪はつくのか

結論から言うと人間に備わったDNAでそうなっているのです。心臓から近い順に脂肪はつき、逆に、心臓から遠い順に脂肪は落ちていきます。なぜ?お腹だけ目立つのか?それは元々腹部には骨がなく、空洞になっているからです。

多くの人がダイエット、ウォーキング等 食事制限と有酸素運動で脂肪を落とそうとしますが残念ながら、無理です。

やらなければならない、体型を変えたいならボディビルをやるべきです!

実際に僕は食事制限と有酸素運動で10kg~15kg「体重」を落としましたが、体形は、大きな洋梨から小さな洋梨になっただけでなりたい体とは程遠い結果になりました。

日本人の多くはボディビルを、「ムキムキ」「バキバキ」になりたいという理由でボディビルを敬遠します。しかし、体形を変えるのは、筋肉を増やす以外方法はないのです!有酸素運動や食事の制限で少しの脂肪は燃えるでしょう、しかしカッコイイ体、きれいでハリのある体を作りたかったら筋肉の量を増やすしか方法はないのです。

YouTube等動画サイトで検索すれば山ほど筋トレの動画を無料で視聴できます。

食事制限や有酸素運動で「体形」は変わりません。今日からまず、体形を変えるために、どこの筋肉を鍛えればよいかを動画で探してみましょう!

Kostenlose Homepage erstellt mit Web-Gear

Verantwortlich für den Inhalt dieser Seite ist ausschließlich der Autor dieser Webseite. Verstoß anzeigen